頭皮の臭いの原因と対策

頭皮の臭いは薄毛の前触れ?頭の臭いが気になるあなたはシャンプーを見直そう

”なんだか頭皮が臭いんだけど、これって薄毛にも繋がるのかしら?”

年齢的に30歳以上の方で、頭の臭いが気になる方には、同時に薄毛も気にされている方が多くいらっしゃいます。

 

特に男性は、年齢的に髪の毛が顕著に少なくなってくる方もいらっしゃいますし、40歳以上の女性も、女性ホルモンが低下してくるため全体的に髪が少なくなってくる方が出てきます。

若い頃には臭いも薄毛もあまり悩まなかった方もいますが、加齢に伴い頭皮にも色んな変化が出てくるため対処が必要になってくるのですね。

 

結論から申し上げると、頭皮の臭いは直接薄毛には繋がりません。

しかし頭皮環境が悪化しており、毛穴に汚れが詰まっていたり頭皮に汚れが蓄積してしまっていると、臭いも出るし薄毛にも繋がりますので、頭皮の臭いが気になる方は一度シャンプーを見直すことをおすすめします。

 

それでは早速ですが、頭皮の臭いの原因と、薄毛に繋がるかもしれない頭皮の臭いを改善する方法について確認していきましょう。

 

頭皮の臭いは薄毛に関係がある?頭皮の臭いの原因とは

分泌された皮脂の酸化

まず、頭皮の臭いの原因として一番多いのは過剰に分泌された皮脂の酸化による臭いです。

皮脂を分泌し、皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の働きをする皮脂腺が頭皮には髪を保護するためにたくさん存在し、その数はTゾーンの約3倍と言われているほど。

 

本来は頭皮を保護する役割を持つ皮脂ですが、酸化されると臭いが出るように。そのため、皮脂の分泌が過剰であると、臭いがひどくなってしまうのです。

また、皮脂は常在菌や雑菌の餌となるため、菌が増殖し、臭気成分が生成され、相乗効果でどんどん頭が臭くなるように。

 

それではなぜ皮脂が過剰に分泌されるようになってしまうか、というと、体質的なこともさることながら、私たちが日頃のシャンプーで頭皮にとって必要な皮脂まで取り除いてしまっているケースが一番多いのです。

これはどういうことかと言うと、本来頭皮を守るために分泌されている皮脂が、洗浄力の強いシャンプーで取り除かれてしまうと、頭皮は皮脂が不足していると勘違いし、どんどん皮脂を分泌するようになってしまう、ということ。

 

そのため、頭皮の臭いが気になるからと、朝晩1日2回もシャンプーしていたり、ゴシゴシ洗ってしまうと、どんどん頭が臭くなる、という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

雑菌の繁殖

頭皮の臭いの原因として、皮脂の酸化と同じくらい多い原因が、雑菌の繁殖。

頭に細菌がいるなんて、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、健康な人の頭皮にも常在菌という菌が生息しており、腸と同じく善玉菌と悪玉菌が存在しています。

 

頭が臭くない人の頭皮では、この善玉菌と悪玉菌のバランスが取れているのですが、皮脂が過剰に分泌されていたり、シャンプーのすすぎが不十分で、頭皮に汚れやシャンプーのカスが残ってしまっている場合には、悪玉菌が増殖し、その代謝物から頭皮に臭いが出るようになってしまうのです。

また、お風呂上がりにきちんとドライヤーで頭を乾かしていない人は、こちらも雑菌が湧きやすくなるため頭皮が臭くなります。生乾きの洗濯物が臭いことと同じですね。

 

ミドル脂臭及び加齢臭

頭皮の臭いには、年齢に伴う臭いである”ミドル脂臭””加齢臭”があります。

 

ミドル脂臭は30代40代に発生しやすい、いわゆる”脂臭いにおい”で、ミドル脂臭は、後頭部~首の後ろに発生するのが特徴。

汗に含まれる乳酸が、皮膚上の常在細菌であるブドウ球菌に代謝・分解されることにより発生する”ジアセチル”という成分が、皮脂が分解されてできた中鎖脂肪酸が反応することで、”ミドル脂臭”と呼ばれる中年独特の使い古した油のような臭いに変化してしまうのです。

 

乳酸→代謝・分解→ジアセチル(臭い)+中鎖脂肪酸

⇒ミドル脂臭(とっても臭い)

 

20代から年齢が上がるにつれてジアセチルの生成量が多くなり、40歳前後でピークを迎えるため、35歳~45歳くらいにかけてはミドル脂臭が出やすくなるので、該当する年齢の人は要注意ですよ。

 

 

40代以上になってくると、皮脂に含まれる脂肪酸である、”パルミトレイン酸”という成分の量が増えてきます。

このパルミトレイン酸は頭皮の常在菌や過酸化脂質により分解されることにより、加齢臭の原因である”ノネナール”に変化するため、40代は加齢臭が発生し始める年齢、ということ。

 

パルミトレイン酸(臭くない)→(分解)⇒ノネナール(とっても臭い)

 

加齢臭は、お父さんの臭いと捉えられがちですが、実は女性にも発生します。

30代前半までは女性ホルモンの影響で皮脂の分泌量自体が抑えられているのですが、35歳を超えた辺りから女性ホルモンは減少するため男性ホルモンの影響が強くなり、女性でも臭いが発生しやすい状態に。

 

加齢臭は“枯れ草のような臭い””ロウソクのような臭い”と言われることが多く、耳の後ろやえり足に発生しやすいので、気になる方は臭いを確認しておいてくださいね。

参考:頭皮の臭いが自分でわかる方法とは?触ると臭い頭はシャンプーで治る?

 

※病気が原因の頭皮の臭い

頭皮に炎症やかゆみ、大きなフケなどのトラブルがある場合には脂漏性皮膚炎が疑われますのでまずは皮膚科に行きましょう。

内科系の病気でも魚臭症糖尿病が原因で頭皮や身体が臭くなることもありますので、病気が疑われる場合には適切な医療機関を受診してくださいね。

 

頭皮の臭いは薄毛に関係がある?頭皮の臭いの改善方法

薄毛に繋がる頭皮の臭いは、頭皮環境が悪化したケースであるため、これを解決するためにはシャンプーをよく見直す必要があります。

洗浄力の強いシャンプーで皮脂を取り除けばよいかと言うとそういうわけではありません。

 

先ほどお話ししたとおり、頭皮にとって必要な皮脂まで取り除いてしまうと、皮脂は過剰に分泌されてしまうため、頭皮にとって必要な脂は残してくれるマイルドな洗浄成分のシャンプーを選ぶ必要があります。

ラウリル硫酸ナトリウム等の強い洗浄成分を含むシャンプーを使っている方は、アミノ酸シャンプー等のマイルドな洗浄成分がおすすめ。

 

ただし、アミノ酸シャンプーと一口に言っても、アミノ酸成分も入っているけれどその他の強い洗浄成分も入っているアミノ酸シャンプーもありますので良く確認しておいてくださいね。

アミノ酸の成分表記は以下のようなものになりますよ。

メチルアラニン系:ラウロイル~
ココイル系:ココイル~
ベタイン系:~ベタイン

 

また、シャンプーの選び方と同じくらい、洗い方も重要です。

先ほどもご説明しましたが、すすぎが不十分で皮脂の汚れやシャンプーが頭皮に残ってしまうと、それ自体が臭うだけでなく、雑菌のエサとなってしまうため頭が臭くなってしまいます。

シャンプーでは十分にすすぎを行い、お風呂から上がったらきちんと頭をドライヤーで乾かしてくださいね。

 

参考:頭皮の匂いが取れない!頭が臭すぎるあなたが使うべき頭皮の臭いをとるシャンプー

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

頭皮に臭いが出ているからといって、必ず薄毛になる、という訳ではありませんが、頭皮環境が悪化して臭いが出ているケースが極めて多いため、この機会にあなたが使用しているシャンプーをぜひ見直してみましょう。

 

男性であれば、シャンプーを選ぶときに、頭皮スッキリ系のシャンプーを選んでしまっている方も多いのですが、実は頭皮環境が悪化している場合もありますので注意してくださいね。

また、石けんシャンプーは思いの外洗浄力が強いため、こちらも注意が必要ですよ。

 

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です