頭皮の臭いの原因と対策

頭皮の臭いを予防する!時間が経つと臭くなる頭皮の匂いを消す方法とは?

”頭皮の臭いが気になっていて、時間が経つと臭くなるんだけど、予防する方法ってないのかな?今日は大切な約束があるんだけど・・・”

そんなお悩みをお持ちの方、ようこそいらっしゃいました。

 

時間が経つと頭が臭くなる原因は、“頭皮に分泌された皮脂が酸化されて臭いを放つようになるケース”と、”頭皮環境が悪化しており雑菌が増殖してしまったために臭くなるケース“があります。

頭皮の臭いを防ぐためにはどちらも重要。

そのために、気をつけるべきことをまとめましたので、早速ですが一緒に確認していきましょうね。

 

頭皮の臭いを予防する!頭皮の匂いをすぐに消すための応急処置

まずは、もう時間が全くない場合。約束は今日!急いでるのよ~、というケース。

今からできる応急処置の方法は2つあります。

 

まず一番簡単なのはウェットティッシュで拭く方法。

用意する物:ウェットティッシュとハンカチ。

方法:頭皮の臭いの原因である皮脂や、汗を拭き取るように、ウェットティッシュで地肌をポンポンと押さえるように拭き取り、最後に水分をハンカチで拭き取る。

 

ウェットティッシュはコンビニやドラッグストア等、入手しやすいので時間がない方でも準備できますよね。最後に水分を拭き取らないと、また臭くなりやすいため、最後はハンカチで拭き取ってください。

タバコの臭い等、髪についた臭いも取りたい時には、髪も一緒に拭き取ってしまいましょう。

 

次に2つ目ですが、それはベビーパウダーで匂いを消す方法。

用意する物:ベビーパウダー

方法:少し多めかな、と思う位の量のベビーパウダーを頭皮にまぶして、手ぐしで粉を払う。

 

頭皮の臭いとべたつきが気になる方にはおすすめの方法。

実はこのベビーパウダーは皮脂の両方を吸収してくれる優れものなんです。

 

パフがついているタイプを購入できると、使いやすくて便利ですよ。

豆情報ですが、おでこが皮脂でテカりやすく、前髪がベタっとしてしまう人は、朝からおでこにベビーパウダーをはたいておけば、前髪がサラサラのまま維持されやすくなります。

 

頭皮の臭いを予防する!頭皮の匂いをリセットする方法

次に、今すぐではないけれど、明日・明後日には頭皮の匂いを消したい、という方におすすめの方法を見ていきましょう。

一度臭いの元を取り除くには、頭皮クレンジングが効果的です。

 

重曹や炭酸など、使用するものによって方法も様々ですが、オイルクレンジングは特におすすめ。

オイルクレンジングは、毛穴に詰まってしまった汚れや蓄積してしまった皮脂汚れを落とすことができるため、頭皮の臭いには大変効果的なのです。

お家でも簡単にできますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

<オイルクレンジングの方法>

手順1: ブラッシングで髪の表面の汚れを落とし、頭皮の汚れを浮かせる。

手順2:小さじ1杯くらいのオイルを手に取り、反対の手の指にオイルをつけ、頭皮になじませる。このときオイルは髪の毛ではなく、頭皮につけること。

手順3:頭皮全体にオイルが行き渡ったら軽くマッサージをして馴染ませる。

手順4:お湯にタオルをつけて軽く絞った蒸しタオルを頭に巻き、5分~10分程度お風呂につかる。

手順5: まず、お湯で全体を洗い流してから、シャンプーする。

 

頭皮の汚れの8割はお湯で落とすことが可能なので、まずはお湯で落とせる汚れを流してしまってからシャンプーします。

これは普段のシャンプーでも大事な点ですが、お湯で落とせる汚れを落としてしまうことで、シャンプーの泡立ちも良くなり、頭皮の汚れをきちんと落とすことができますよ。

 

また、シャンプーした後の“すすぎ”は、頭皮の臭いを抑える上で、とっても大切な行程です。

シャンプーが頭皮に残ってしまうと、頭皮への刺激になったり、臭いの元となってしまうため、最後はしっかりとすすいでくださいね。

 

頭皮の臭いを予防する!根本的な頭皮の匂いを改善する方法

さて、それでは最後に頭皮の臭いを根本的に解決する方法を見ていきましょう。

頭皮の臭いを改善するために一番効果的なのは、シャンプーとシャンプー方法を見直すこと。

 

ストレスやホルモン、食生活が原因で皮脂の分泌が過多になり、臭いが出やすくなることもありますが最も有効な方法はシャンプーによるケアです。

どういうことなのか、それでは順に詳細を確認していきましょう。

 

頭皮の匂いを消す!シャンプーの選び方

まず見直していただきたいのはシャンプーの成分

シャンプーで一番大切なのは、洗浄成分で、洗浄力は強すぎても弱すぎてもいけません。

 

洗浄力が弱すぎると汚れは取り除けませんが、そもそも頭皮の汚れの8割はお湯で落とせますので、洗浄力が弱すぎるシャンプーというもの自体、見つけるのは難しいでしょう。

ということで、私たちが気をつけるべきは、洗浄力の強すぎる洗浄成分なのです。

 

洗浄力の強すぎる洗浄成分は、原材料費が安価なため、使用されているシャンプーが多く注意が必要。

シャンプーボトルの裏に成分表がありますが、あながた現在使用しているシャンプーには、ラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸ナトリウム、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naといった強力な洗浄成分が含まれていないでしょうか。

 

洗浄力が強いシャンプーで頭皮にとって必要な皮脂まで取り除いてしまうと、頭皮は皮脂が不足していると勘違いし、どんどん皮脂を分泌するように。

皮脂は酸化すると臭いを発するようになるため、皮脂が過剰に分泌されている頭は時間の経過とともにどんどん臭くなってしまうのです。

 

シャンプーを選ぶ際には、アミノ酸シャンプーのような頭皮と髪に優しい、マイルドなものを選びましょう。

アミノ酸シャンプーの成分は、以下のような表示で記載されていますので参考にしてくださいね。

メチルアラニン系:ラウロイル~
ココイル系:ココイル~
ベタイン系:~ベタイン

 

頭皮の匂いを消す!シャンプーの方法

先ほども少しお話しましたが、頭皮に合ったシャンプーを使用することが重要であることはもちろんですが、どんなに良いシャンプーを使っていてもシャンプーの仕方が悪いといつもでたっても頭は臭いままです。

シャンプーの方法の中でも、すすぎの行程は特に重要。

すすぎを十分に行わないと、頭皮に汚れやシャンプーの成分が残ってしまい、それ自体も臭いの元になってしまいますし、雑菌のエサとなってしまうため頭皮は臭くなってしまうのです。

 

シャンプーばかりに気を取られて、すすぎがおざなりになっている人は意外と多いもの。せっかくシャンプーで浮かせた汚れを、すすぎでキレイに洗い流してくださいね。

髪の長さにもよりますが、すすぎの目安時間は3分から5分。できれば37-38℃くらいのぬるめのお湯で丁寧に流しましょう。

 

また、雑菌の増殖を防ぐために、お風呂から上がったら、なるべく早く頭を乾かしてくださいね。

濡れた頭皮は生乾きの洗濯物と同じ状態。放っておくと臭くなりますよ。

 

さらに詳細な頭の洗い方は以下の記事で説明していますので、よかったら覗いてみてくださいね。

参考:頭が臭い!そんな頭皮の臭いをシャンプーの香りに変える正しい頭の洗い方

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。自分ではなかなか気づきにくいのですが、ふとした瞬間に他の人の頭の臭いが気になることってありますよね。

頭が臭いのに気づかなかったのは自分だけだった、という残念なことにならないように、普段から頭皮のケアには気をつけておきましょう。

 

自分の頭に合ったシャンプーを使い、頭皮環境が改善すれば、そのうち頭皮クレンジングも必要なくなります。

ただし、すでに頭が臭い人は、これには少し時間がかかりますので、頭皮クレンジングを織り交ぜながら、少しずつコントロールしていきましょう。

 

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です