男性の頭皮の臭い

頭皮のミドル脂臭はシャンプーで防ぐ!男性も女性も対策が必要な理由とは?

頭皮のミドル脂臭対策用のシャンプーを探したい、と思ったときに、何に着目すればよいかわかりますか?

結論から申し上げると、ミドル脂臭を消すシャンプーで気を付けるべきポイントは、シャンプーの“洗浄成分”です。

 

加齢臭とは異なる、働き盛りの男女に訪れるミドル脂臭という壁。

ミドル脂臭に悩む人は男性だけでなく、女性も多いです。“枯れ草のような臭い”と称される加齢臭に対し、ミドル脂臭は“使い古した油のような臭い”や”ろうそくの匂い”と言われており、ミドル脂臭の発生を抑制するような対策が必要です。

 

それでは早速ですが、ミドル脂臭がどんなものなのか、そしてシャンプーを選ぶときの洗浄成分はどのようなことに気を付ければよいのかを一緒に確認していきましょう。

 

頭皮にミドル脂臭が発生するメカニズム


仕事に子育てにと大忙しの、30代~40代の男女に訪れるミドル脂臭。

ミドル脂臭は、汗に含まれる乳酸が、皮膚上の常在細菌であるブドウ球菌に代謝・分解されることにより発生するジアセチルという物質が起因しています。

このジアセチルという物質と、皮脂が分解されてできた中鎖脂肪酸が反応することにより、ミドル脂臭と呼ばれる中年層独特の臭いにおいに変化してしまうのです。

 

乳酸→代謝・分解→ジアセチル

ジアセチル+中鎖脂肪酸(皮脂由来)→ミドル脂臭(とっても臭い)

 

30代以降は20代の頃と比べ、代謝が悪くなり、身体全体が酸化さやすくなってきてしまうため、臭いが出やすくなります。

年を重ねることにより、皮脂の性質そのものが変化し粘り気を帯びてくるため、意識して対策をしないと、今までと同じ対応では臭いが残ってしまうことに。

 

これは男性だけでなく女性にも同じこと。

ホルモンの影響で男性の方が皮脂の分泌が盛んなためミドル脂臭が発生しやすいですが、女性ホルモンは平均して35歳を超えたあたりから減少し始めるため、アラフォーの女性にもミドル脂臭が発生してくるのです。

 

きっかけが何であれ、自分の臭いに気づくことができたのはラッキー。自分だけ気づかずに、陰で“あの人臭い”って言われるより、ずっとよかったですよね。

事実を把握し、適切な対処をしていきましょう。

 

頭皮のミドル脂臭を防ぐシャンプーの洗浄成分

それでは頭皮のミドル脂臭を防ぐシャンプーの洗浄成分はどんなものがよいのでしょうか。

臭いの元を除去することを考えると、なるべく強い洗浄成分がよいか、というとそういうわけではありません。

 

洗浄力の強いシャンプーで洗浄してしまうと、頭皮にとって必要な皮脂まで取り除いてしまうことになり、そうすると頭皮は皮脂が足りていないと勘違いしてしまうため、どんどん分泌される方向に働いてしまいます。

そのため、皮脂汚れは取りつつも、頭皮にとって必要な潤いは残るシャンプーである必要があります。

 

原材料費が安く済むため、市販シャンプーによく使用されているラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸ナトリウムを含む洗浄力が強いシャンプーはおすすめしません

皮脂の分泌量を調整し、頭皮環境を整えることを考えたときに、洗浄成分としてはアミノ酸がおすすめ

 

アミノ酸は私たちの身体を構成している成分であり、頭皮や髪を傷つけることなく不要な汚れを取り除くことができるのです。

アミノ酸系シャンプーと呼ばれるものは多くあり、アミノ酸も入っているけれど、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムも入っている、というような“アミノ酸シャンプーもたくさんありますので、シャンプーの洗浄成分はしっかりと確認をしましょう。

 

また、ジアセチルの発生に関わる皮膚常在菌が異常増殖しないよう、抗菌成分を含んでいるシャンプーはミドル脂臭の発生に対して、より効果的です。

 

ミドル脂臭を防ぐシャンプーの手順

ミドル脂臭対策にせっかく良いシャンプーを手に入れたら、洗い方にも注意しましょう。

シャンプーの手順は、成分と同様にとても大切です。

 

まずは37~38℃のお湯で落とせる汚れは流してしまいます。そうすることでシャンプーの泡立ちもよくなり、また、洗浄力が強くなくても不要な汚れは落ちる状態に。

そしてシャンプーを手で泡立てたら、頭皮を洗うことを意識しながら、指の腹を使って優しく洗っていきます。

ミドル脂臭が発生しやすい箇所は、後頭部~首の後ろにかけてですので、この辺りは洗い残しがないようにまんべんなく洗いましょう。

 

次にすすぎですが、すすぎはシャンプーの中でも特に重要な項目です。汚れの流し残しがないことはもちろん、シャンプーの成分も頭皮の残ると雑菌の餌となり臭いの原因となりますので、すすぎは入念に行ってください。

また、頭を濡れたままにしておくことも雑菌の増殖を促すことになりますので、お風呂から上がったら早めにドライヤーで髪を乾かしましょう。

ドライヤーの時も、髪ではなく、頭皮を乾かすことを意識し、きちんと乾いてから寝てくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

加齢臭とは違う、30代から40代に立ちはだかるミドル脂臭という壁。年齢を重ねることで私たちの身体は少しずつ変化していきます。

 

匂いの問題はデリケートであるため、人から指摘してもらえることは少ないことからも、自主的に対策を取ることはとても重要です。

正しいシャンプーと洗髪方法をマスターして、ミドル脂臭のない、爽やかな頭皮の大人になりましょうね。

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です