男性の頭皮の臭い

旦那の枕が臭い!枕のニオイは重曹で解決?頭皮の臭いには何が効くの?

旦那さんの枕の臭いにお悩みの全国の奥様、今日も家事お疲れ様です。

掃除に洗濯、お料理と、毎日やることがたくさんあって大変。それでも一日がんばって、さあ、寝るぞ、となったときに、部屋に充満する旦那さんの枕の臭い・・もうほんと絶望的な気持ちですよね。

 

部屋に充満するほどではなくても、近づくと臭い。そんなケースも多いと思います。枕をタオルで巻いても、枕自体が黄ばんでしまうことも

一体どうしてこんなことが起こってしまうのでしょうか。早速ですが原因とその対策について一緒に確認していきましょう。

旦那の枕が臭い原因と対策

旦那の枕が臭い原因は、もちろん旦那の頭が臭いからです。いくら枕カバーを洗濯したり、枕を買い換えても、旦那の頭からニオイが消えない限り、永遠に枕は臭くなり続けるので、頭皮の臭いの原因と対策を見ていきましょう。

加齢臭

加齢臭は一般的に“枯れ草のような臭い”と称され、原因はノネナールという成分です。

ノネナールは40歳を過ぎた頃から増加し、60代で急増します。ノネナールは皮脂に含まれるパルミトレイン酸(9-ヘキサデセン酸)が頭皮の常在菌や過酸化脂質により分解されることにより発生します。

パルミトレイン酸(9-ヘキサデセン酸)→(分解)→ノネナール

年齢を重ねると、ノネナールの元であるパルミトレイン酸の分泌が増えていくため、結果として加齢により臭いが発生してしまうのです。

ミドル脂臭

加齢臭とは異なるミドル脂臭をご存じでしょうか。

ミドル脂臭は、主に30代から現れてくる臭いで、汗に含まれる乳酸が、皮膚上の常在細菌であるブドウ球菌に代謝・分解されることによって発生するジアセチルという物質が原因となります。

 

このジアセチルという物質に、皮脂が分解されてできた中鎖脂肪酸が合わさると、ミドル脂臭と呼ばれる使い古した油のような臭いに変化してしまうのです。

乳酸→ブドウ球菌(代謝・分解)→ジアセチル(臭い)+中鎖脂肪酸(皮脂由来)→ミドル脂臭(とっても臭い)

30代は20代と比べ、皮脂の酸化されるスピードが速くなってきてしまうため、臭いが出やすくなってしまうお年頃。

また、加齢に伴い皮脂そのものが変化し、粘り気を帯びてくるため取れにくくなってしまうのです。

また、皮脂の分泌量が多い方だと20代から発生することもありますので、枕が黄色くなる方はミドル脂臭を疑ってみましょう。

 

加齢臭とミドル脂臭については、原因物質を取り除くことで臭いが軽減されます。ただし、洗浄力の強いシャンプーで洗えば良いのか、というとそうではありません。

洗浄力が強すぎて、必要な皮脂まで取り除いてしまうと、頭皮は“必要な皮脂を補充する”方向に働いてしまうため、ますます皮脂が分泌され頭皮が臭くなってしまうのです。

 

私がおすすめするのはアミノ酸シャンプー。アミノ酸は身体と同じ成分のため、地肌と髪にダメージを与えず、汚れをきちんと落とし、頭皮に潤いも残してくれるのです。

日常生活

皮脂の分泌量は摂取する油脂の量にも左右されます。揚げ物やお肉が大好きな旦那さんだったとしても、健康のためにも意識して野菜やお魚も食べさせるようにしましょう。

また、アルコールタバコも頭皮臭を含む体臭の原因になります。飲み過ぎた翌日は枕だけでなくシーツまで臭くなること、ありますよね。肝臓に負担もかかりますので、ストレス発散程度のアルコール量をおすすめしますよ。

 

また、睡眠不足ストレスは自律神経に影響を及ぼし、皮脂が分泌される方に働いてしまうことがあります。頭皮の臭いだけでなく、体調不良にも繋がってしまうことがありますので気をつけてあげてくださいね。

 

枕が臭い旦那のシャンプーをさりげなく変える方法

愛する旦那様に、“あなた頭臭いからシャンプー変えた方がいいよ”というのは心を傷つけてしまう可能性が高いため止めておきましょう。

逆ギレされても嫌ですよね。“いや、オレは臭くない“から始まって、”洗濯の仕方が悪いんじゃないか“、なんて言われた日には大げんかに発展してしまいます。

冷静に、枕の黄ばみを見せて、“ほら、ひどいのよ”、と事実を突きつけることもできますが、優しい気持ちを思い出して。そっと頭皮の臭いに効くシャンプーを差し出して、笑顔で勧めてみましょう。

 

シャンプーがなくなる頃を見計らって頭皮の臭いに効くようなシャンプーを奥様が買っておきましょう。理由は、何でも構いませんが、さりげなく旦那様に使ってもらいましょう。

 

“今日安売りだったから試しに買ってみたの”

“薬局のクジで当たってもらったんだよね”

“職場で奥さんがここのメーカーで働いている人がいて配ってくれたの”

 

もちろんこれは嘘ですが、旦那さんがこれが嘘だと気づいたときには、きっとなぜ嘘までついてこのシャンプーを勧めてきたのか考えてくれるはず。

そしてその時に、あなたの優しさにそっと感謝するでしょう。

枕の臭いを重曹で落とす方法

シャンプーで頭皮の臭いを改善してもらいつつも、枕カバーはこまめに洗濯してあげましょう。ここでおすすめなのが重曹です。

重曹は弱アルカリ性なので、酸性である皮脂の汚れやタンパク質汚れをキレイに落とすことができます。

 

準備するものは工業用の重曹お湯のみなのでコストも安く、お手軽ですね。

手順もとっても簡単で、“1リットルのお湯(40℃くらい)に重曹を大さじ1~2杯程度の割合で溶し、30分ほど浸けた後、普段どおり洗濯する”だけです。

 

ポイントはお湯を使うこと。重曹がきちんと溶け、皮脂自体も40℃くらいから液体になり落としやすくなるため、洗剤の力を効率よく発揮する温度なのです。

枕が臭いままだと、せっかく頭皮がキレイになっても、枕から頭皮に臭いが移ってしまいますので、こまめにお洗濯してあげてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。枕の臭いは一度気になり始めると、どうしても気になってしまいますよね。奥さんやお子様に臭いを責められたら、旦那さんも悲しい気持ちになってしまいます。

重曹で枕カバーを洗濯しつつも、頭皮の状態に適したシャンプーで、臭いの元から改善してあげてくださいね。あなたの優しさが、平和な寝室を作りますよ。

 

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です