頭皮の臭いの原因と対策

頭皮に湿疹ができて臭い!脂漏性湿疹による臭いを最短で治す方法

頭皮に湿疹ができて、臭いし痒いし、どうしたらいいの!?とお悩みの方、ようこそいらっしゃいました。

頭皮の病気で一番多いのは脂漏性湿疹ですが、あなたの症状は脂漏性湿疹に当たりますか?

これから、脂漏性湿疹とはどんなものなのか、そして脂漏性湿疹を少しでも早く治すにはどうしたら良いのか、一緒に見ていきましょう。

 

頭皮が臭い原因となる脂漏性湿疹とは


脂漏性湿疹は、皮膚に常在しているマラセチアというカビ(真菌)の一種が発症に関与し
ており、皮膚に炎症が起こり、かゆみが生じる病気です。

また、皮膚が荒れて乾燥するため、フケの量が多くなったり、炎症が進行すると、かさぶた状になってしまうことも。

また、炎症が毛根にまで広がってしまうと抜け毛を引き起こしてしまうケースもありますので、これはなんとしても早く治したいですよね。

 

脂漏性湿疹はきちんと治療しないと、慢性化したり、再発したりしやすいので、早めに適切な対策をとることが大切です。

頭にカビが生えるなんて、毎日シャンプーしているのにショックを受ける方もいるかもしれませんが、マラセチアはみんなの頭に住んでいる常在菌の一種

普段は無害なのですが、皮脂や汗などの分泌物が増えると、それらをエサとするマラセチアも増殖していき、炎症や湿疹を引き起こしてしまいます。

 

皮脂の分泌量が多い方や肌の弱い方は脂漏性湿疹ができやすいので注意しましょう。

男性ホルモンは皮脂分泌を促進するため、男性の方が脂漏性湿疹になりやすい傾向がありますが、ホルモンバランスの崩れ等により女性にも多く見られる疾患となりますよ。

 

最短で脂漏性湿疹を治して頭皮の臭いから解放される方法


1で説明した脂漏性湿疹の症状に当てはまる方は、まず病院に行きましょう。

『病院で治す、どう考えてもこれが最短ですので、皮膚科を受診し、脂漏性湿疹か確認してもらった後、適切なお薬が処方してもらってくださいね。

皮膚科で処方されるお薬は主に以下になります。

抗真菌薬

脂漏性皮膚炎はマラセチアという菌が原因で起こりますので、マラセチアの活動を抑えるため、抗真菌薬が処方されます。

ステロイド

炎症を抑えることを目的にステロイドを使用します。

ステロイドは副作用もありますので、抵抗がある方は担当医とよくご相談ください。

ステロイドは長期的に使用するにはリスクがありますが、短期的な使用では有効性が高い治療法です。

ビタミン剤

ダメージを受けた頭皮の回復にビタミンBやビタミンCを摂ることも重要。

また、ビタミンのバランスは皮脂の分泌量にも影響しますので、頭皮環境を整える助けとなってくれます。

頭皮の状態が回復した後に気をつけること

脂漏性皮膚炎は、残念ながら再発しやすい病気です。

一度治ったからといって安心せずに、日常生活にも注意しましょう。特に注意していただきたい点は以下2点です。

① シャンプー

脂漏性皮膚炎は頭皮から分泌される皮脂の分量が多いと発症しやすくなります。

では、脂を落とせばいいか、というとそう単純なものではなく、“自分の皮脂の分泌量に合ったシャンプーを使用する”ということがとても大切。

 

洗浄力の強いシャンプーで洗ってしまったり、一日に2回もシャンプーしたりすると、必要な皮脂まで奪われた頭皮が、“もっと皮脂を分泌しないと”と、過剰に皮脂を分泌するように働いてしまうのです。

軽度な脂漏性湿疹の症状であれば、脂漏性湿疹用のシャンプーもありますので、試してみるのも良いでしょう。


皮膚科専門医と開発したシャンプー

② 食事

揚げ物やお肉など、脂っこいものばかり摂取すると、頭皮からの皮脂の分泌量が増加してしまいます。

皮膚の状態を良く保つにはビタミンが欠かせませんので、緑黄色野菜や果物を意識して取るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

頭皮が臭うだけでなく、湿疹やかゆみ、フケを伴うような症状のある人は脂漏性湿疹の可能性がありますので、一度病院の皮膚科で診てもらうようにしましょう。

初期段階で適切なお薬を出してもらえれば、治るのも早いですよ。

 

本日のまとめは以下になりますので改めてご確認くださいね。

  • 頭皮が臭い原因となる脂漏性湿疹とはマラセチアというカビ(真菌)の一種が発症に関与し、皮膚に炎症が起こり、かゆみが生じる。また、皮膚が荒れて乾燥するため、フケの量が多くなる。
  • 最短で脂漏性湿疹を治して頭皮の臭いから解放されるには、まず病院に行くこと。適切なお薬を処方してもらいまずは炎症を抑えること。適切な治療で頭皮が回復した後も、再発しないように頭皮ケアをすること。
  • 脂漏性湿疹は再発しやすい病気のため、日頃から自分に合ったをシャンプーを使用すること、脂ものを避け緑黄色野菜や果物を食事に取り入れましょう。

 

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です