頭皮の臭いの原因と対策

頭が臭い!頭皮の臭いの原因と頭の臭いを消す正しいシャンプーの選び方

頭が臭い!という悩みを密かに抱えている人は実は多い。

でも、“毎日シャンプーしてるし、みんなそんなものなのかな。恥ずかしいし、友達には聞きにくいな”と、臭いの悩みは人に言えないもの。

友人や職場の人に、あの人頭臭いな、って思われていたら悲しいですよね。

 

頭皮の臭いのお悩みはシャンプーを変えれば治ることがほとんどです。頭皮の臭いの原因と正しいシャンプーの選び方をマスターして、頭皮の臭いからオサラバしましょう。

それでは早速ですが、頭皮の臭いの原因から一緒にみていきたいと思います。

 

頭が臭い原因

過剰に分泌された皮脂の酸化

本来は髪や頭皮を保護し、臭いの原因菌や雑菌の繁殖を抑制する効果まである皮脂ですが、酸化されると臭いの原因になってしまいます。

頭皮トラブルがなく、日常生活で頭皮の皮脂が酸化される程度の場合は、人に不快感を与えるような臭いは発生しません。

 

しかし、頭皮が傷ついてしまったり、洗浄力の強いシャンプーで必要な皮脂まで取り除いてしまうと、頭皮は自分を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されるようになります。

そうなると、通常よりも多量の皮脂が酸化されるため、頭皮の臭いがきつくなってしまいます。

また、この皮脂を餌に、常在菌や雑菌がどんどん増えていき、悪臭を放つという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

皮脂の分泌量はそこまで変化していないのに、臭いがきつくなってしまうこともあります。それは、ストレスや食生活の影響で活性酸素の発生量が増えることにより、分泌された皮脂の酸化が進み、頭皮を臭くしてしまうケース。

皮脂の分泌量が増えても、酸化が進みやすくなってしまってもどちらでも頭は臭くなってしまうのですね。

 

加齢臭やミドル脂臭

残念な事実ですが、年齢を重ねると若い頃に比べ臭いは出やすくなっていきます。

これは加齢臭ミドル脂臭と呼ばれるもので、多かれ少なかれ年を取ると発生するリスクが上がります。

加齢臭の原因はノネナールという成分で、年齢を重ねると、ノネナールの元であるパルミトレイン酸の分泌が増えていくため、年を重ねるほど加齢臭が発生しやすくなってしまうのです。

 

また、ミドル脂臭は、汗に含まれる乳酸が、皮膚上の常在細菌であるブドウ球菌に代謝・分解されることによって発生するジアセチルという物質が原因です。

このジアセチルという物質に、皮脂が分解されてできた中鎖脂肪酸が合わさると、ミドル脂臭と呼ばれる使い古した油のような臭いに変化してしまうのです。

 

また、30代になると、皮脂そのものが変化し粘り気を帯び始め、落としにくくなってくるため、臭いがきつくなりやすいのです。

 

すすぎ残し

すすぎの目安は3~5分。一度計っていただきたいのですが、この時間は思っているよりも長い時間になります。

38度くらいのお湯で、シャンプーや汚れが頭皮に残らないよう丁寧にすすぎましょう。

 

また、髪にいい香りを残したいからといって、リンスやトリートメントをつけた後に、すすぎが不十分な場合も頭皮に残った成分が刺激になってしまったり、雑菌のエサとなり頭の臭いの原因になりますので、最後のすすぎは必ず十分に行うようにしてくださいね。

 

生乾き

お風呂から上がったら、すぐに頭をドライヤーで乾かしているでしょうか。

髪を濡れたまま放置する、ということは頭に雑菌が湧きやすくなる、ということ。

濡れた髪に密閉された状態は雑菌が湧きやすく、頭皮の菌のバランスが崩れてしまうのです。

 

みんなの頭皮に住んでいる常在菌は頭皮を弱酸性に保ち、頭皮にとって重要な役割を果たしてくれていますが、雑菌が増えてしまうと、優位性が取って代わられてしまうため、頭が臭くなってしまいます。

頭に雑菌が湧くのを防ぐためには、頭皮を乾かすことが第一ですので、お風呂から上がったらすぐにドライヤーで頭を乾かしてくださいね。

 

※特頭皮に炎症やかゆみなどのトラブルがある場合で、脂漏性皮膚炎が疑われる際には、まずは皮膚科に行きましょう。内科系の病気でも魚臭症や糖尿病などが原因で頭皮や身体が臭くなることもありますので、病気が疑われる場合には適切な医療機関を受診してください。

 

頭皮の臭いを消す正しいシャンプーの選び方

洗浄力から選ぶ

魅力的なCMやかわいいパッケージでシャンプーを選んでいませんか?

シャンプーで一番大切なのは洗浄力で、これは強すぎても弱すぎてもいけません。

強すぎるシャンプーは頭皮の皮脂を取り過ぎるため、頭皮環境を悪化させてしまいますし、弱すぎるシャンプーは汚れが取れないため、臭いや炎症の原因となってしまいます。

 

頭皮の状態をよく観察し、発疹や赤み、フケが出ていないか確認しましょう。また、かゆみもシャンプーが合っているかいないかの目安になります。

肌に優しい、を謳い文句にしていても、自分の頭皮と合わなければ意味がありません。頭皮の状態をよく観察し、頭皮トラブルが起こらないシャンプーを選びましょう。

製品パッケージの裏に記載のある洗浄成分からシャンプーの洗浄力の強さを検討することはとても有効ですよ。

 

成分で選ぶ

先ほど洗浄力の強さを成分表示から検討する、と記載しましたが、ここでお話するのは加齢臭やミドル脂臭に対する対策です。

加齢臭やミドル脂臭は臭いの原因となる物質がはっきりしていますので、これらの臭いを消したい場合には、もちろん消すための有効成分を含んでいるシャンプーがオススメです。

 

柿渋エキスやカンゾウ、ケイヒ等の臭いの原因に直接効く有効成分を含んだシャンプーがありますので、ぜひそちらを試してみてくださいね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。頭皮の臭いの原因は様々ですが、シャンプー及びシャンプー方法を見直すことで大半は解決することができます。

自分の頭皮に合ったシャンプーを使用し、さわやかな頭皮を手に入れてくださいね。

本日のまとめは以下になりますので改めて確認しておきましょう。

頭が臭い原因は大きく分けて以下のケースが多い

  1. 過剰に分泌された皮脂の酸化
  2. 加齢臭やミドル脂臭
  3. すすぎ残し
  4. 生乾き

『①過剰に分泌された皮脂の酸化』や、『②加齢臭やミドル脂臭』のケースについてはシャンプーを選ぶことはとても重要である。

シャンプーを選ぶときには洗浄力が自分の頭皮に合っているかを第一に選ぶ必要がある。また、『②加齢臭やミドル脂臭』のケースの場合については臭いの原因となっている物質に働きかける有効成分を含んだシャンプーを使用することがとても有効。

 

ポチッとしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です