男性の頭皮の臭い

40代男性の頭皮が臭いのは加齢臭?気になる臭いの原因と対策

40代に入り、頭皮の臭いや枕の臭いが気になっているあなた、またはその奥様、ようこそいらっしゃいました。

男性はホルモンの影響から、皮脂の分泌量が女性より多い傾向にあり、元々臭いは出やすいですが、40代からは加齢臭も加わり、ますます臭いが気になるようになってきます。

 

正しく対策して、頭皮の嫌な臭いから解放されたいですよね。

それでは早速ですが、40代男性の頭皮の臭いの原因と対策を確認していきましょう。

 

40代男性の頭皮の臭いの原因

① 皮脂の過剰分泌

頭皮が臭くなる一番の原因は過剰に分泌された皮脂の酸化です。

皮脂は皮膚や毛髪の表面の保護や保湿の働きをするのですが、酸化されると臭いを放つようになります。

 

皮脂を分泌する皮脂腺が頭皮には髪を保護するためにたくさん存在しており、ただでさえ臭いが出やすいのに、髪に覆われ蒸れることから、頭は臭くなりやすいのです。

冒頭でも少しお話しましたが、男性はホルモンの影響で皮脂の分泌が女性よりも盛んであり、これは男性の方が頭皮の臭いが出やすく対策が必要、ということ。

 

また、シャンプーで皮脂を落とし、清潔な状態を保つつもりが、洗浄力の強すぎるシャンプーを使ってしまい頭皮を傷つけている場合があります。

この場合、頭皮を守ろうと、皮脂が過剰に分泌されてしまい、過剰に分泌された皮脂が酸化して余計に頭が臭くなってしまうケースが。

逆に、頭皮の抜け毛等を気にしすぎて、洗浄力の弱すぎるシャンプーを使ってしまうと、頭皮の汚れがきれいに落ちず臭いを放つ場合もあります。

 

② 雑菌の繁殖

頭皮には常在菌がたくさん住んでおり、皮膚の保湿作用に役だったり、外部からの刺激から守ってくれる働きに貢献してくれています。

常在菌には善玉菌悪玉菌がいて、健康な頭皮ではこのバランスが保たれています。

 

しかし、シャンプーのすすぎ残しがあると、残った成分が頭皮への刺激となったり、これをエサとする一部の雑菌が増殖し、頭から強烈な臭いを発することがあります。

また、濡れたまま髪を乾かさずにいると、雑菌やカビが増殖しやすくなってしまうため、頭が臭くなってしまうのです。

 

③ 加齢臭

加齢臭の原因はノネナールという成分。

ノネナールは皮脂に含まれるパルミトレイン酸(9-ヘキサデセン酸)が頭皮の常在菌や過酸化脂質により分解されることにより発生し、パルミトレイン酸はそれ自体に臭いはありません。

 

パルミトレイン酸(9-ヘキサデセン酸)→(分解)→ノネナール

 

年齢を重ねると皮脂中に、若い頃にはほとんど存在しなかった脂肪酸であるパルミトレイン酸が増加してきます。

また、40代になると皮脂中に含まれる過酸化脂質の量が多くなり、酸化分解反応が進みやすい状態になってしまうのです。

④ミドル脂臭

40代の男性の場合、加齢臭とは異なる”ミドル脂臭”が原因の場合があります。

ミドル脂臭は、汗に含まれる乳酸が、皮膚上の常在細菌であるブドウ球菌に代謝・分解されることによって発生するジアセチルという物質が原因です。

このジアセチルという物質に、皮脂が分解されてできた中鎖脂肪酸が合わさると、ミドル脂臭と呼ばれる使い古した油のような臭いに変化してしまうのです。

 

乳酸→ブドウ球菌(代謝・分解)→ジアセチル(臭い)+中鎖脂肪酸(皮脂由来)→ミドル脂臭(とっても臭い)

 

40代に入ると、皮脂の酸化されるスピードが速くなってきてしまうため、臭いが出やすくなってしまいます。

また、皮脂そのものが変化し粘り気を帯びてくるため、落としにくくなってくるため、臭いがきつくなりやすいのです。

 

40代男性のための頭皮の臭い対策

 

① シャンプーを見直す

皮脂の分泌量に合った洗浄力のシャンプーを使うこと。まず、これが重要です。

また、柿渋エキス植物系成分(ハーブなど)等の臭いを抑える有効成分が含まれているシャンプーや、雑菌の増殖を抑える殺菌作用のあるシャンプーを試してみましょう。

 

加齢臭の場合、ノネナールの元となるパルミトレイン酸は皮脂に含まれているため、適切に皮脂を取り除くことができれば臭いを防ぐことができますし、ミドル脂臭が原因の場合には、ジアセチルに対する有効成分が含まれたシャンプーを使用すると効果的です。

 

抜け毛や頭皮へのダメージが気になっている方は、保湿成分が配合されたものや、洗浄成分がマイルドなアミノ酸系シャンプーで、これらの有効成分が含まれているものを選ぶことをおすすめします。

 

② 洗い方を見直す

シャンプーを頭皮に直接つけたり、力強くゴシゴシ洗っていませんか?

これらの行為は頭皮を傷めるだけで、キレイに洗うことはまた別問題。

 

まず、お湯で大まかな汚れを落としましょう。お湯だけで、汚れの8割は落とせます。

しっかりお湯で洗った後は、シャンプーを手に取り、泡立ててから、頭皮を洗うイメージで指の腹を使って優しく洗います。

 

そして、必ずすすぎはしっかり行うこと。すすぎの時間は最低で3分はとりましょう。

これは思っているよりも長い時間になると思いますので、最初はぜひ測ってみてくださいね。

 

最後にお風呂から上がったら、頭に雑菌が湧かないように、すぐにドライヤーで髪を乾かしてください。

正しくシャンプーすることで頭皮環境はずいぶん改善されますよ。

 

まとめ

40代になると、結婚していたり、子供がいたりする男性も多いと思います。

”パパ臭い”、って言われたくないですよね。

職場でだって、あの人頭臭いよね、なんて絶対言われたくないでしょう。

今日からシャンプーと洗い方を見直して、ますます素敵な男性になってくださいね。

 

40代男性の頭皮の臭いの原因

  • 頭皮が臭くなる一番の原因は過剰に分泌された皮脂の酸化。男性はホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んなため、注意が必要。シャンプーは強すぎても弱すぎても悪い影響がある。
  • 40代からの頭皮の臭いは加齢臭が加わる。加齢臭の原因はノネナールという成分であり、ノネナールの元となるパルミトレイン酸と、過酸化脂質が加齢により増えるため加齢臭が発生してくる。

40代男性のための頭皮の臭い対策

  • 適切に皮脂を取り除くことができれば臭いを防ぐことができるため、自分の皮脂の分泌量に合ったシャンプーを選ぶ。また、柿渋エキスや植物系成分(ハーブなど)等の有効成分や殺菌作用のあるシャンプーを使用するのも効果的。
  • シャンプーの前にお湯でしっかり汚れを流し、泡立てたシャンプーで優しく頭皮を洗った後、しっかりとすすぐこと。また洗った後は必ずドライヤーで髪を乾かすこと。

 

ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です