頭皮の臭いの原因と対策

頭皮の臭いを防ぐ食べ物とは?野菜はいいけどニンニクはだめって本当?

”食べるものによって、次の日の頭の臭いが違う気がするんだけど、頭皮の臭いって食べ物で防げるの?”

頭皮の臭いと食べ物の関係に気づけたあなたはとても素晴らしい観察力です。

そうなんです、頭皮の臭いは食べ物によって影響されますよ。

 

頭皮の臭いの大きな原因は過剰に分泌された皮脂の酸化。そのため、皮脂の分泌を促進するような食べ物ばかり摂取すると、脂の分泌が盛んになり、臭いも出やすくなる、ということ。

また、頭皮に限らず身体全体が臭くなる食べ物もありますので日によっては注意して摂取したいですよね。

 

それでは早速ですが、具体的にどのような食べ物がどうして頭を臭くするのか、そして、何を食べれば頭皮の臭いは抑えられるのか、一緒に確認していきましょう。

 

頭皮の臭いが出やすくなる食べ物とは?

油分と糖質

頭皮の臭いが出やすくなる食べ物には、唐揚げやフライドポテトの揚げ物や焼き肉等のお肉、そしてケーキやお菓子に含まれる糖分があります。

油分や糖質は身体で吸収されると中性脂肪となるのですが、中性脂肪がたまると身体は脂を外に出そうと働くため、分泌される皮脂の分量が増える、ということ。

頭皮は皮脂腺が多い場所であるため、分泌される皮脂の分量も多く、臭いが出やすくなってしまうのです。

 

アルコール

ストレスを抱えながらも仕事をがんばって、”今日も一日お疲れさま~!”のビールは最高においしいですよね。

しかし、アルコールも臭いの原因になってしまうのです。

 

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという成分に分解されますが、このアセトアルデヒドが臭いの元。

アセトアルデヒドは本来であればさらに代謝されるのですが、摂取量が多いと代謝が追いつかず、アセトアルデヒドがそのまま血中に排出されてしまうため、全身から臭いが漂うようになってしまうのです。

 

また、アルコールを摂取することで体内に活性酸素が発生しやすくなってしまうため、頭皮の脂が酸化しやすくなってしまうことに。

そして、アルコールを摂取することで睡眠が浅くなり、自律神経のバランスが崩れるため皮脂の分泌も促進されてしまうため、ますます頭皮が臭くなってしまうのです。

お酒は楽しい気分にさせてくれる魅力的な飲み物ですが、適量で楽しめるといいですね。

 

アリシン

ニンニクやニラ、らっきょう等に含まれるアリシンという成分があります。

アリシンは抗菌作用や疲労回復に効果があると言われ、身体にとって良い働きをしてくれると考えられているのですが、体内で分解されるときにアリルメチルスルフィドという物質が発生し、これが臭いの元に。

 

アリルメチルスルフィドは、体内でこれ以上分解されることなく、血液や汗にそのまま排出されるため、ニンニクを食べた後はしばらく体中から臭いがするのです。

ニンニクはおいしいですし、身体にもいいのですが、やはり臭いの元にはなりますので、日を選んで食べるようにしていきたいですね。

 

頭皮の臭いを抑える食べ物とは?

それでは逆に頭皮の臭いを抑えてくれる食べ物とはどんな食べ物か、というと、頭皮の皮脂バランスを整え、酸化を防いでくれるビタミンや抗酸化成分が効果的。

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質の代謝や肌のターンオーバに関わっており、頭皮環境を整えるために活躍してくれる水溶性のビタミンです。

ビタミンB2は、レバーやうなぎ、卵や納豆、そして乳製品に多く含まれていますよ。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用の代表として知られており、美肌や美白、疲労回復や風邪にも効果的という良い話ばかりの成分です。

過剰摂取による有害事象等も特になく、余分なものは排泄されていきますので、安心して摂取できますよね。

 

ビタミンCはベリー類や柑橘類、ブロッコリーや緑茶に多く含まれています。

基本的には加熱に弱い成分ですが、芋類に含まれているビタミンCはでんぷんで保護されているため、加熱されても壊れず、摂取できますよ。

 

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用が非常に強い脂溶性ビタミン。

過酸化脂質の生成を抑制し、動脈硬化を防ぐ等、老化予防にも効果があると言われています。

 

ビタミンEは、アーモンドなどのナッツ類やうなぎ、カボチャやアボカドに多く含まれており、先ほどご紹介したビタミンCと一緒に摂ると、相乗効果が期待できますよ。

活性酸素と戦い、壊れかけたビタミンEは、ビタミンCから元気をもらうことで復活し、再び元気に働くことができるので、一緒に摂りたい成分です。

 

カロテノイド

カロテノイドは野菜や果物に含まれる色素成分で、主要なカロテノイドには、トマトに含まれる抗酸化成分として有名なリコピン、にんじんやかぼちゃに多く含まれるβ-カロテン、ほうれん草に多く含まれるルテイン等があります。

また、野菜以外でも、加熱した甲殻類や鮭の赤色の色素であるアスタキサンチンがあり、非常に強い抗酸化活性を有していますよ。

 

生活習慣病の予防や、体内でビタミンAに変換される作用も注目を集めている成分なので、積極的に摂りたいですね。

 

ポリフェノール

赤ワインが健康に良いと話題になりましたが、その元となる成分がこのポリフェノール。

ポリフェノールは植物が自分を活性酸素から守るために生成する成分で抗酸化活性を有しています。

 

ポリフェノールにはカテキンやタンニン、クロロゲン酸等の種類があり、赤ワインやベリー類、チョコレートやお茶、そしてコーヒーなどに多く含まれているため、日常的に摂りやすい抗酸化成分です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。皮脂を分泌する方に働く食事と、抑えてくれる食事があることがわかりましたね。

私たちの身体は毎日の食事からできています。皮脂の分泌を抑え、頭皮環境を整えてくれるビタミンや抗酸化成分は、私たちの健康にも役立つ成分。

 

また、お肉は皮脂の分泌を促しますが、タンパク質は皮膚や髪を構成する重要な成分ですので、バランスよく色々なものを食べることが一番大切なのです。

栄養素も意識しながら食事をすることで、頭皮も身体も整えていきましょうね。

 

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です