頭皮の臭いの原因と対策

頭が臭い人の特徴とは?頭皮の匂いを消すために気をつけるべきこと5選

頭が臭い人と臭くない人の特徴について確認することは、頭皮の匂いを消すために大変有効です。頭が臭い人と臭くない人では、一体何がちがうのでしょうか。

頭が臭い人の多くは、毎日ちゃんとシャンプーで頭を洗っているのに、どうして臭いんだろうと臭いの原因がわからず困っています。

 

頭皮の臭いは気づいても、デリケートな問題であるため、他人には指摘しにくい問題で、まして、男性ではなく女性の頭が臭う場合に伝えにくいのは尚更のこと。

これからご紹介する頭皮が臭い人の特徴で当てはまるところがある方は、自分では気づいていないだけで頭が臭い人になっている可能性がありますので、しっかり確認しておきましょうね。

 

頭皮が臭い人/臭くない人の特徴

頭皮が臭い人、と言って真っ先に頭に浮かぶのは、どんな人でしょうか。

・・・

・・・

 

私は頭皮が脂でギトギトしている人です。でも一見清潔にしていそうでも頭が臭い人ってたくさんいるんですよね。

その理由は、頭皮の臭いの主な原因は”過剰に分泌された皮脂の酸化””雑菌の繁殖”だから。

 

菌は目に見えないので、実は頭が臭い、と言う人は雑菌が繁殖している可能性が十分にありますよ。

その他にも注目していただきたいポイントがありますので、全部で5つご紹介していきますね。

特徴1:過剰に皮脂が分泌されている

まず、一番多い頭皮の臭いの原因は、皮脂が過剰に分泌されていること。ベタベタした頭皮は見た目も不潔に感じるため治したいですよね。

酸化された皮脂は臭いの原因であり、その分量が多いとその分臭いはキツくなります。

 

元々脂が出やすい体質の方もいますが、後天的な原因によるケースも多く、その原因の多くはシャンプーと朝シャンです。

まずシャンプーについては、頭皮の臭いを気にするあまり、洗浄力が強すぎるシャンプーを使用しており、頭皮にとって必要な皮脂まで取り除いてしまっている結果、頭皮が皮脂不足と判断し、過剰に皮脂を分泌しているという状況になっている可能性が。

 

汚れが落ちきらないようではいけませんが、本来頭皮の汚れの8割はお湯で落ちると考えられており、シャンプーの洗浄力が強い必要はないのです。

泡立ちや原材料費の関係から、市販のシャンプーは洗剤と変わらないような洗浄力の強いものもたくさんありますので、ご自身が使っているシャンプーの成分についてはきちんと把握しておきましょうね。

 

そして気をつけていただきたいのはシャンプーの際の”すすぎ”の行程です。

シャンプーの泡を落として終了、というようなシャンプーの仕方をしていないでしょうか?

頭皮に汚れやシャンプーの成分が残ってしまうと、雑菌のエサになり、頭が臭くなりやすくなってしまうため、すすぎは意識的にしっかりと行ってくださいね。

 

また、朝シャンについてですが、頭皮を守る働きをする皮脂膜は頭を洗うと一度取り除かれ、再生するまで6時間かかると言われています。

そのため、朝シャンする、ということは、頭皮が皮脂膜で覆われていない状態で紫外線や乾燥の影響を直接受けてしまう、ということ。

 

朝は時間がない人も多いので、ドライヤーが不十分だったりすると、こちらも雑菌の増殖につながるため頭皮は臭くなりやすいのです。

夜に頭を洗わず朝に洗っている人は、寝ている間に雑菌をどんどん増殖していることになりますので、夜は必ず一日の汚れをシャンプーで洗い流してくださいね。

 

また、夜と朝の2回シャンプーをしている人は洗い過ぎですよ。

これは洗浄力の強いシャンプーのときと同様に、必要な皮脂まで取り除かれてしまいますので、シャンプーは夜に1回にしておいてくださいね。

 

特徴2:雑菌が繁殖している

先ほども少し触れましたが、シャンプーの後にドライヤーで髪をきちんと乾かしていない人は、濡れた髪の毛に囲まれた人肌の温度の頭皮で雑菌を増殖させることになりますので要注意です。

枕カバーは清潔にしていますか?寝ている間は汗もかきますし、枕は頭皮と一晩中くっついているもの。せっかく頭をキレイにしても枕が汚いと臭いと菌が頭皮にうつりますよ。

 

パパの枕臭い、はよく聞く話ですが、自分がそうならないように気をつけましょう。

濡れたままの髪で寝るなんて、雑菌を育てたいと思っている人がやることだと思ってくださいね。

特徴3:年齢が30歳以上

年齢が30歳を超えると、ミドル脂臭や加齢臭といった、加齢に伴う臭いが発生してきます。

頭皮は皮脂腺の多い場所であり、ミドル脂臭や加齢臭も発生しやすい場所。

 

女性は加齢に伴い、女性ホルモンが減り、男性ホルモンの影響が強くなってきますので、女性も皮脂の分泌量が増え、臭いが発生しやすくなっていくのです。

また、歳を重ねると代謝も悪くなり、臭いが蓄積しやすいように。

 

耳の後ろの後頭部から首の後ろにかけては、ミドル脂臭や加齢臭が発生しやすい箇所になりますので、シャンプーやすすぎは意識的に行ってくださいね。

特徴4:お肉やジャンクフードの多い食生活

皮脂の過剰分泌が頭皮の臭いに繋がる、という話をしましたが、食生活は皮脂の分泌量に影響を与えます。

私たちの身体は、毎日の私たちの食事でできている、ということを忘れてはいけません。

 

唐揚げや焼き肉、フライドポテトなど、美味しいけれども油っこい食事ばかりしていると身体に蓄積された脂肪を排泄しようとする働きが高まり、頭皮からも皮脂が分泌されやすくなってしまうのです。

お肉も食べていいのですが、野菜やお魚など、バランスよく食事をしてくださいね。食事に気をつけることでお肌もキレイになりますよ。

 

特徴5:タバコやお酒

最近は健康志向が高まり、タバコを止める人も増えていますが、健康のためにも頭皮の臭いを治すためにもタバコは止めておきましょう。

タバコは活性酸素という、他のものを酸化させる物質を発生させてしまうため、身体の老化が進み、頭皮も臭いやすくなります。

 

また、タバコの臭いは一度頭皮や髪につくとなかなか取れません。

非喫煙者にとっては不快な臭いになりますので、タバコがどうしても止められない方は、意識して臭いケアをしてくださいね。

 

アルコールについては適量であればストレスを解消してくれる等、良い働きもあると言われていますが残念ながら飲み過ぎると頭皮の臭いの原因にもなります。

そもそもアルコールも臭い成分ですが、体内で分解されるときにも汗とアセトアルデヒドという臭い成分が生成されるため、その分量が多いと解毒しきれず、頭皮が臭うことにつながってしまうのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。頭皮の臭いが発生してしまう原因について、あなたに当てはまっているものはありましたか。

頭皮の臭いにとってシャンプーやシャンプーの仕方はとても重要ですので、この機会に自分が使っているシャンプーとシャンプーの手順については一度見直してみてくださいね。

参考:頭が臭い!そんな頭皮の臭いをシャンプーの香りに変える正しい頭の洗い方

 

また、年齢や食べ物によっても臭いは左右されますので、当てはまるものがあった方は、意識して対策をとりましょう。

参考:頭の匂いが変わった!30代及び40代に訪れる頭皮の臭いの変化

 

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です