頭皮の臭いの原因と対策

頭皮から白い脂の塊が!この白い粒の正体は角栓?臭いはシャンプーで治るの?

頭皮を掻いたら爪の間に脂と思われる白いベタベタした塊が挟まっていたり、抜け毛の毛根に角栓と思われる白い粒がついていたり。これって臭いの原因になるの?

→はい、残念ながらこの状態で放置すると、頭皮の臭いや抜け毛の原因となってしまいますよ。

 

頭皮から白い脂の塊がとれてしまうというような頭皮トラブルを抱えた方、ようこそいらっしゃいました。

毎日シャンプーしているのに、脂が塊になってしまうなんて不思議ですよね。

 

早速ですが、一体どうして頭皮の脂が塊になってしまうのか、そしてどうやってケアしたら良いのか、一緒に確認していきましょう。

 

頭皮に見られる白い脂の塊の正体:角栓とは


状況からおそらくお察しいただいているかと思いますが、白い塊の正体は頭皮から分泌された皮脂や角質(タンパク質)が固まったもので、“角栓”と呼ばれています。

皮脂の分泌量が多い方はシャンプーで適切に皮脂や角質を取り除くことができず、皮脂と角質が混ざり合って固まり、この角栓ができてしまうことがあるのです。

 

本来であれば皮脂や角質が“角栓”に変化するまでには時間がかかりますので、まだ柔らかく取れやすいうちにケアしておきたいところ。

角栓になってしまうと、頭皮にこびりついたり、毛穴につまって固まってしまっているため、頭皮から剥がしにくいのです。

 

頭皮の角栓と臭いの対処法

毛穴に角栓が詰まる、ということは古い皮脂や角質が頭皮にこびりついている、ということ。

古い皮脂や角質は頭皮に生息する常在菌のエサとなるため、菌が異常繁殖してしまう原因ともなります。雑菌の増殖は頭皮の臭いの原因にもなるため、正しいケアが必要ですね。

 

また、皮脂は酸化すると臭くなってしまうのですが、角栓とはまさにこの臭くなった脂の塊であるため、それ自体が嫌な臭いを発しています。

それでは一体どうしたら良いか、というと皮脂と角質の塊なので、正しくシャンプーして取り除きましょう。

 

私が個人的におすすめするのは、すでに頭皮に角栓ができてしまっている場合には、まずヘッドスパで現在頭皮にこびりついている角栓を含む汚れを落としてから、シャンプーでメンテナンスする、という方法です。

だって、頭皮が臭いなら、早く治したいですよね。なので、まずはヘッドスパで臭いの元を取り除いてしまいましょう。

 

角栓の成分は角栓の70%がタンパク質、30%が皮脂で構成されています。

あなたが髪の短い男性であれば重曹を使った頭皮クレンジングをおすすめしますし(髪が傷みやすいので女性には勧めません)、頭皮をいたわりながらキレイにしたい、ということであれば炭酸スパホホバオイルを使ったクレンジングも有効です。

 

自分でやるのに自信がない方は、お金と時間はかかりますが、美容室でやってもらう、というのもいい選択ですよ。

 

自分の好きな方法で頭皮をキレイにしたら、その後のシャンプーには気を使ってくださいね。シャンプーの選び方ですが、洗浄力から検討します。

頭皮の脂が気になるからといって、洗浄力の強いシャンプーで洗うと必要な皮脂まで取り除いてしまっている場合も。

 

この場合、頭皮は自分を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されるようになり、通常よりも多量の皮脂が酸化されるため、また脂が過剰に分泌されてしまうこととなり、角栓ができたり頭皮の臭いがきつい状態に戻ってしまいます。

もちろん洗浄力が弱すぎても、汚れが蓄積してしまうため、べたつきや臭いの原因になってしまいますよ。

 

洗浄成分としてはアミノ酸シャンプーがおすすめ。

アミノ酸シャンプーは要らない皮脂はしっかり落として、髪と頭皮に必要な潤いはしっかりキープしてくれるため安心して使えますよ。

 

1)頭皮がベタベタしているだけでなく、大きめのフケがボロボロとれ、頭皮が炎症しているような状態のときには、脂漏性湿疹が疑われますので、まずは皮膚科を受診することをおすすめします

2)シラミの卵を皮脂の塊と勘違いするケースもあるので要注意です。(特に子供)シラミの卵の特徴は半透明で、髪にへばりついて取れにくい点。疑わしいものを見つけたら皮膚科に行ってくださいね。

 

さて、適切なシャンプーを選んだら、正しいシャンプー方法についても確認しておきましょう。以下に手順の要約を載せておきますね。

 

①まず最初は、お湯で汚れを落としましょう。お湯だけで、汚れの8割は落とせます。

②おおまかな汚れをお湯で落とした後に、シャンプーを手に取り泡立ててから、指の腹を使って優しく洗います。

③洗い終わったら、すすぎは必ずしっかり行うこと。すすぎはシャンプーの行程でとても重要なポイントです。

すすぎが不十分だとシャンプーの成分や汚れが頭皮に残るため、角栓もできやすく、匂いや頭皮の炎症の原因になってしまいますよ。

④お風呂から上がったら、すぐにドライヤーで髪を乾かすこと。濡れたままにすると雑菌が増えてしまうため、匂いの原因になってしまいますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。頭皮に脂の塊がついていると、周りの人に不潔だと思われるのではないか、そして自分の頭は臭いんじゃないかと心配になりますよね。

角栓ができてしまっている状態は、臭いだけでなく抜け毛や薄毛にも繋がる大変危険な状態です。ヘッドスパや正しいシャンプーで、皮脂の汚れを適切に取り除いて、健康な頭皮を手に入れてくださいね。

 

自分に合ったシャンプーを使用する、ということはとっても大切なこと。この機会にぜひご自身のシャンプーについて見直してみてくださいね。

 

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です