頭皮の臭いの原因と対策

頭の匂いが変わった!30代及び40代に訪れる頭皮の臭いの変化

年齢を重ね30代~40代になると、男性・女性を問わず、“あれ、私の頭の匂いもしかして変わった?”と思う時が訪れることがあります。

“ついに加齢臭が自分のところにも来てしまった”と思われる方もいらっしゃると思いますし、実際にこの年代から加齢臭が発生している場合もあるのですが、30代~40代にかけては“ミドル脂臭”と呼ばれるまた別の臭いが発生している可能性があります。

 

加齢に伴う臭いは加齢臭だけではないのです。

さて、ミドル脂臭とは一体どういったものなのか、それは加齢臭とはどのように違うのか、一緒に確認していきましょう。

頭の匂いが変わった原因:ミドル脂臭とは

ミドル脂臭は、汗に含まれる乳酸が、皮膚上の常在細菌であるブドウ球菌に代謝・分解されることによって発生するジアセチルという物質が原因です。

このジアセチルという物質に、皮脂が分解されてできた中鎖脂肪酸が合わさると、ミドル脂臭と呼ばれる使い古した油のような臭いに変化してしまうのです。

 

乳酸→代謝・分解→ジアセチル(臭い)+中鎖脂肪酸→ミドル脂臭(とっても臭い)

 

30代は20代と比べ、皮脂の酸化されるスピードが速くなってきてしまうため、臭いが出やすくなってしまうお年頃。

また、30代にもなると、皮脂そのものが変化し粘り気を帯びてくるため洗っても落としにくく、臭いがきつくなりやすいのです。

 

これは男性だけでなく女性にも同じこと。

男性の方が皮脂の分泌が盛んなためミドル脂臭が発生しやすいですが、女性ホルモンは平均して35歳を超えたあたりから減少を始めるため、女性でもミドル脂臭は発生しやすくなってきます。

 

30代~40代の頭の臭いの原因:ミドル脂臭と加齢臭の違い

加齢臭の原因はノネナールという成分。

ノネナールは皮脂に含まれるパルミトレイン酸(9-ヘキサデセン酸)が頭皮の常在菌や過酸化脂質により分解されることにより発生します。

パルミトレイン酸はそれ自体に臭いはありません。

 

パルミトレイン酸(臭くない)→(分解)→ノネナール(とっても臭い)

 

年齢を重ねると、ノネナールの元であるパルミトレイン酸の分泌が増えていくため、結果として加齢により臭いが発生してしまうのです。

ノネナールは男女問わず、40歳を過ぎた頃から増加し、60代で急増する成分。

 

加齢臭は一般的に“枯れ草のような臭い”と称され、の発生箇所としては、耳の後ろやえり足、背中や胸元に発生します。

一方、ミドル脂臭は”使い古した油”のような臭いで、後頭部~首の後ろに発生するのが特徴。

 

どちらにしろ、後頭部付近は臭くなる、ということなので、年齢を重ねて頭皮の臭いに変化を感じたら、その臭いが枯れ草のような臭いなのか、使い古した油のような臭いなのか確認し、適切な対策を取る必要があります。

 

残念なことにどちらも発生している場合もありますので、ミドル脂臭に効くシャンプーや加齢臭に効くシャンプーを試してみながら様子を見てくださいね。

 

頭皮にミドル脂臭や加齢臭が発生しているときのケア

シャンプー

頭皮の環境が変化した場合は、それに合わせてシャンプーを変えることをオススメ。

また、シャンプーの手順も、においのケアにとても重要です。

 

頭を洗う前のブラッシングや、シャンプー前の予備洗い、すすぎの時間など、気をつけるべき点はたくさんあります。

髪を乾かさずに寝てしまったり、朝シャンしたりしていませんか?

 

正しいシャンプーの仕方の詳細については以下の記事に記載がありますので、よかったら覗いてみてくださいね。

 

頭が臭い!そんな頭皮の臭いをシャンプーの香りに変える正しい頭の洗い方

 

食生活

揚げ物やお肉など、皮脂の分泌を盛んにする食事ではなく、野菜やお魚を摂ることをおすすめします。頭皮の環境だけではなく、身体も元気になりますよ。

また、身体の酸化を防ぐため、抗酸化作用のあるサプリメントを摂ることも有効です。

抗酸化成分を含む野菜も多く、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンCなど)や、ポリフェノール、ルテインやβカロテン等、種類も豊富ですので、バランス良く摂取できると良いですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。若い頃はしなかった臭いが漂うようになったことはショックかもしれませんが、事実を認めて対策することがあなたにとってとても重要です。

加齢に伴う臭いは加齢臭とミドル脂臭があり、臭いの原因となる物質が違うため対策も異なりますので、自分の臭いが当てはまる方に合った対策をしてくださいね。

 

本日のまとめは以下になりますので改めて確認してみましょう。

頭の匂いが変わった原因として30代、40代の人は加齢臭ではなくミドル脂臭が原因となっている可能性がある。ミドル脂臭と加齢臭の違いは以下のとおり。

ジアセチル+中鎖脂肪酸(皮脂由来)→ミドル脂臭(使い古した油の臭い)
臭いの主な発生箇所:後頭部~首の後ろ

パルミトレイン酸→(分解)→加齢臭:ノネナール(枯れ草のような臭い)
臭いの主な発生箇所:耳の後ろやえり足、背中や胸元

 

臭いの変化を感じたら、シャンプーや食生活を見直してみましょう。

 

今日の努力が明日の自分を救いますよ。

 

よかったら、ポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です