女性の頭皮の臭い

30代女性の頭皮の臭いは○○かも!後頭部から漂う臭いはシャンプーで治る?

30代の女性は20代の頃と比べ、肌の衰えや疲れの残り方等の変化を感じ始める年代ですが、頭皮の臭いが気になり始める方も多い年齢です。

まだ若くありたいと思いながらも、少しずつ年齢を重ねていることを実感することがありますが、臭い問題は由々しきところ。

 

おばさん臭いなんて思われたくないですし、今までしなかったはずの臭いが自分から漂っていることに気づいた時はやっぱりショックですよね。

私も最初は気のせいかと思ったのですが、やはり30代に入ってから、自分の匂いが変化したことを感じました。これは一体どうしてなのでしょうか。

 

それでは早速ですが、30代女性の頭皮の臭いの原因から確認していきましょう。

30代女性の頭皮の臭いの原因とは?

30代女性の頭皮の臭いは、汗や皮脂の成分が変化すること、そして代謝が落ちるため臭いがつきやすくなってしまうことが考えられます。

あなたは加齢臭とは違った、”ミドル脂臭”という30代から40代に発生しやすい臭いについてご存じでしょうか。20代では感じなかった臭いを自分から感じる30代の方には、ミドル脂臭が発生している可能性が高いのです。

 

ミドル脂臭は汗に含まれる乳酸が、皮膚上の常在細菌であるブドウ球菌に代謝・分解されることによって発生するジアセチルという物質が基となっており、ジアセチル物質に、皮脂が分解されてできた中鎖脂肪酸が反応することで、ミドル脂臭と呼ばれる使い古した油のような臭いが発生してしまうように。

 

乳酸→代謝・分解→ジアセチル(臭い)+中鎖脂肪酸

⇒ミドル脂臭(とっても臭い)

 

ミドル脂臭は“使い古した油のような臭い”や”ろうそくの匂い”と言われており、後頭部~首の後ろに発生するのが特徴。

30代は20代と比べ、皮脂が酸化されるスピードは速くなってきてしまうため、臭いが出やすくなってしまうのです。

 

また、30代になると、皮脂そのものが変化し粘り気を帯びてくるため洗っても落としにくく、臭いがきつくなりやすくなってくるため、意識して臭い対策が必要ですよ。

 

参考:頭の匂いが変わった!30代及び40代に訪れる頭皮の臭いの変化

 

30代女性の頭皮の匂いを消すシャンプーとは?

それでは30代女性の頭皮の匂いを消すシャンプーには、どんなものを選ぶべきでしょうか。

臭いの元を落とすため洗浄力の強いシャンプーを選べばよいのでは、と考えてしまいそうですが、正解は違います。

 

もちろん洗浄力が弱いと頭皮汚れが残ってしまうため、頭は臭くなってしまうのですが、そもそもお湯でも汚れの8割程度は落ちるため、洗浄力が弱すぎるシャンプーというものは見つけるのが難しいくらいです。

むしろ、頭皮の汚れを気にするあまり、頭皮の皮脂を根こそぎ取り除いてしまうような洗浄力の強いシャンプーを使ってしまっているため、頭皮が必要な脂まで取り除かれてしまったと勘違いし、皮脂を過剰に分泌しているケースの方が多いのです。

 

ドラッグストアにあるシャンプーを見ていただければわかるように、ちまたでは”頭皮スッキリ!爽快”を掲げた、ラウリル硫酸ナトリウム等の洗浄力の強いシャンプーがたくさんあるのです。

しかし、洗浄録の強い成分は、頭皮にとってこれが良いから、という理由ではなく、シャンプーのコストを考えたときに販売元に利益がでやすいため使われていいるだけ。

 

あなたの頭皮を本当に整えてくれるのは、頭皮にとって必要な皮脂は残しつつも、不要な汚れは取り除いてくれるマイルドな洗浄力のシャンプーなのです。

洗浄力の強いシャンプーからマイルドなものに切り替えた場合、最初は頭皮がべたつくような感じや、スッキリしていない気持ちになるかもしれませんが、過剰に皮脂が分泌されている場合、1週間から1ヵ月程度で皮脂の分泌は落ち着いてきます。

 

シャンプーの洗浄力が強すぎると頭皮環境を壊してしまうため、抜け毛や薄毛にも繋がってしまうため、早めの対策が大切になりますよ。

また、どんなに素晴らしいシャンプーを使用していても、洗い方が正しくないと、頭皮は臭くなってしまいます。

 

”あなたはシャンプーのときに、何を意識して頭を洗っていますか?”

この質問に対して、”シャンプーを頭につけたときに、入念にマッサージしながら洗っている”、または、”かゆいところが残らないように隅々まで洗っている”、というような回答をされる方が大半です。

 

しかし、シャンプーの手順で本当に大切なのは、実はすすぎの行程なのです。

すすぎは、シャンプーで浮かせた汚れを取り除く大切な行程にも関わらず、大半の人がシャンプーで頭をゴシゴシしたら、それでほとんど汚れを取った気持ちになってしまっていることが頭皮の臭いの大きな原因に。

 

そのため、シャワーでざっとシャンプーの泡を流してお終い、となっており、もちろん頭皮は臭くなってしまっているのです。

頭皮に残った汚れはそれ自体が臭くなるだけでなく、雑菌のエサにもなるため、すすぎが不十分な頭皮はとても臭いということを覚えておいてくださいね。

 

すすぎはお金も時間もほとんどかからないのに、頭皮の臭いを劇的に変化させてくれるので頭皮の臭いを改善しやすいポイントです。

この記事を読んだあなたは今日から十分にすすぎをしてくれると信じていますよ。

 

また、お風呂から上がった後に、自然乾燥していたり、ドライヤーまでしばらく時間を空けてしまっている方は、なるべく早めにドライヤーをかけるよう、心がけてくださいね。

頭皮を濡れたまま放置する、ということは雑菌が湧きやすい状態でいる、ということ。

雑菌の増殖を防ぐためにも、お風呂から上がったら、なるべく早めにドライヤーで頭皮を乾かしてくださいね。

 

参考:何をしても頭皮が臭い!これって病気?治らない頭皮の匂いを消す方法

まとめ

いかがでしたでしょうか。何も考えていなくても何とかなることが多かった20代に比べ、30代では少しずつ加齢対策を取っていかないとあっという間におばさんの仲間入りです。

特に臭いの問題はデリケートなため、他人から面と向かって指摘を受ける事は少なく、自分で気づくことや、早めに対処することがとても大切になってきます。

 

本日ご紹介したとおり、20代では発生しなかったミドル脂臭という臭いも30代から発生するケースが。

シャンプーを見直したり、すすぎを入念に行うことで、頭皮環境を整えて爽やかな頭皮を手に入れてくださいね。

 

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です