頭皮の臭いの原因と対策

頭皮のべたつきとかゆみの原因は?フケや湿疹は頭皮の臭いのサイン

頭皮の”べたつき”や”かゆみ”があるときは、早めの対処が大切だってご存じですか?

早めに対処できれば症状が軽度の段階なので治るのも早いのですが、時間が経って悪化していくと、べたつきやかゆみはどんどんひどくなってしまいます。

 

残念ながら何もしなくても治るものではありませんので、原因を特定して早く良くしたいですよね。

また、お気づきだと思いますが、べたつきやかゆみがある頭皮は臭いのです。

 

べたつきやかゆみだけでなく、フケや湿疹が出ている状態は頭皮のSOSサインですので早めに治しておきましょうね。

それでは早速ですが、頭皮のべたつきやかゆみの原因を見ていきましょう。

 

頭皮のべたつきやかゆみの原因

洗い過ぎ

頭皮がべたつく原因は皮脂の過剰分泌です。

そして、なぜ皮脂が過剰に分泌されるか、というと、 “洗浄力の強いシャンプーで必要な皮脂まで洗い流してしまっているから”。

 

洗浄力の強すぎるシャンプーは、汚れと一緒に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮は乾燥した状態になります。

そうなると、頭皮は、“必要な脂がなくなってしまったから、もっと皮脂を出さなくては”と、どんどん皮脂を分泌するように働いてしまい、頭皮はべたつき、毛穴が詰まってかゆみや炎症の原因となってしまうのです。

 

脂も出るのにフケも出る、という状況は本質的には皮膚が乾燥している、ということ。頭皮の乾燥はかゆみを引き起こします。

また、頭皮が自分が出す脂にかぶれて発疹ができてしまう場合もありますので、頭皮の様子を注意深く観察してくださいね。

 

また、マラセチア菌というみんなの頭皮に生息している常在菌は皮脂をエサにするため、皮脂が過剰に分泌されることで増殖してしまいます。

マラセチア菌は代謝産物として脂肪酸を排出するため、これが刺激となって頭皮が痒くなってしまいます。

 

シャンプーの洗浄力が強すぎるケース以外にも、朝シャンにより炎症やかゆみが促進されているケースがあります。

どういうことか説明すると、朝シャンは、本来であれば頭皮を守ってくれる皮脂まで洗い流してしまうことになるため、紫外線や乾燥のダメージを頭皮が直接受けてしまい、炎症や痒みが出やすくなってしまうのです。

シャンプーで洗った後、頭皮に必要な皮脂膜が形成されるまで6時間程度かかりますので、朝ではなく夜にシャンプーをするようにしてくださいね。

ワックス等のスタイリング剤

シャンプーが適切な洗浄力で、正しく洗っていたとしても、最後につけるワックスやスプレー等のスタイリング剤が頭皮に合わず、フケや痒みの原因になってしまうことも。

髪をキレイに見せるためのスタイリング剤なので、ツヤが出るように油分が含まれているため、頭皮に直接ついてしまうとべたつきやかゆみの原因に。

 

スタイリング剤は毛先等必要なところにだけつけるようにしましょう。

また、帽子やヘルメットを被る予定がある日は、頭皮が蒸れてかぶれやすくなってしまうため、刺激となる恐れがあるスタイリング剤はつけないようにしてくださいね。

食事

食べ物は身体を作る、と言いますが、頭皮から皮脂が過剰に出ている状態で、油分の多い食事は避けましょう。

体内に脂が多く蓄積されると、私たちの身体はこの脂を外に出すように働くため、頭皮から分泌される皮脂の量も多くなってしまいます。

これが頭皮のべたつきにつながる、ということ。お肉や揚げ物ではなく、野菜やお魚など、バランスの取れた食事を摂るように心がけましょう。

 

べたつきとかゆみが気になる臭い頭皮のケア

頭皮のべたつきとかゆみが気になる方が、まず見直すべきはシャンプーです。

先ほどご説明した、スタイリング剤や食事についても、改善することで効果はもちろんありますが、頭皮のべたつきとかゆみに最も直接的に有効なのはシャンプーを見直すこと。

 

一つ注意点があるのですが、頭皮がべたついており、発疹や炎症、大きいフケが多く出る、という症状がある場合は脂漏性湿疹の可能性があります。

脂漏性湿疹の場合には、まず病院へ行って適切な薬を処方してもらった後に、シャンプーでケアするのが一番の解決策ですので、一度皮膚科を受診してみましょう。

 

脂漏性湿疹についてはこちらの記事にも記載してありますので、よかったら覗いてみてくださいね。

頭皮に湿疹ができて臭い!脂漏性湿疹による臭いを最短で治す方法

 

べたつきとかゆみはあるけれど、炎症までは起こっていないような場合は、シャンプーを変えてみることをオススメします。

シャンプーで一番大切なのは洗浄力。

かゆみが出ている状態、というのは頭皮が敏感になっている状態なので、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na等の合成界面活性剤を使用している洗浄力の強い成分のシャンプーはオススメしません。

 

洗浄力が強すぎず、不要な汚れのみを落とす、という洗浄成分で頭皮に優しいのはアミノ酸シャンプー。

要らない皮脂はしっかり落として、髪と頭皮に必要な潤いはしっかりキープしてくれます。

 

アミノ酸系シャンプーの良さは、肌と同じ成分のため刺激が少なく、頭皮環境が荒れている状態でも使用できるところなので、ぜひ使ってみてくださいね

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。頭皮がかゆくてかいてしまうと、肌が傷つき、ますます治りにくくなってしまいますよね。

シャンプーやスタイリング剤、そして食生活を見直すことで頭皮の状態は改善できます。

 

この機会に自分が使用しているシャンプーの洗浄力は適切か、そして頭皮の状態がどうなっているのかしっかり確認しておきましょう。

 

また、もしも大きなフケや湿疹ができているようでしたら、まずは皮膚科に行ってみてくださいね。

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です