頭皮の臭いの原因と対策

頭の皮脂を抑えるシャンプーとは?皮脂による頭皮の臭いを抑える方法4選

”頭の皮脂で髪がベタベタする・・頭皮の臭いも気になるし、脂を抑えるにはどうしたらいいのかな”

そんなお悩みをお持ちの方、ようこそいらっしゃいました。

 

頭皮の脂で髪がベタつくと見た目も清潔感がないように見えてしまいますし、脂っぽい臭いもいやですよね。

頭皮から分泌される脂は、頭皮を保護する大切な役割も担ってくれているのですが、酸化すると臭いが出るようになってしまいます。

 

そのため、前の晩きちんとシャンプーしていても、夕方から夜になると頭皮から分泌される脂が酸化してくるため臭いが気になる人も多いのです。

元々の体質によっても、肌質がオイルタイプの方は乾燥肌タイプの方より臭いが出やすい傾向がありますが、使用しているシャンプーや生活習慣によっても分泌される脂の量はずいぶんと変わってくるのですよ。

 

それでは早速ですが、どうずれば頭皮の脂を抑えることができるか、一緒に確認していきましょう。

頭皮の脂を抑える!頭皮脂による頭の臭いを改善する方法4選

頭皮の脂を抑えて匂いを消す!方法①:シャンプーを見直す

頭皮の脂を抑えるために、まず見直してほしいのはシャンプーの洗浄成分です。

実は、頭皮の脂が過剰に分泌される原因の多くは、“洗浄力の強いシャンプーで必要な皮脂まで洗いしてしまっている”ということ。

 

冒頭でも少しお伝えしましたが、皮脂は本来頭皮を保護する役割を持ち、紫外線や乾燥から頭を守ってくれています。

しかし、洗浄力の強すぎるシャンプーを使っており、頭皮にとって必要な脂まで取り除いてしまうと、頭皮は皮脂が足りていないと勘違いし、過剰に皮脂を分泌するようになってしまうのです。

そのため、頭皮にとって必要な皮脂は残しつつも、不要な汚れを取り除いてくれるマイルドな洗浄成分のシャンプーがおすすめ。

ラウリル硫酸ナトリウム等を含んだ高級アルコール系と呼ばれる強いシャンプーではなく、アミノ酸シャンプー等のマイルドな洗浄力のシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

本来頭皮の汚れの8割はお湯で落とせると言われるほどで、アミノ酸シャンプーで十分頭皮の汚れは落とすことができるのです。

シャンプーの成分表記でアミノ酸は以下のようになっているので、シャンプーを選ぶ時の参考にしてくださいね。

メチルアラニン系:ラウロイル~
ココイル系:ココイル~
ベタイン系:~ベタイン

 

アミノ酸シャンプーは頭皮や髪を構成しているアミノ酸が主成分であるため、頭皮や髪のダメージが気になる方にもおすすめですよ。

また、頭皮の脂や臭いが気になるからといって、朝と晩にシャンプーしている方は今日から朝シャンを止めましょう。

朝シャンは、本来であれば頭皮を守ってくれる皮脂を1日の活動前に洗い流してしまうことになるため、紫外線や乾燥のダメージを直接受けてしまいます。

シャンプーで頭を洗った後、頭皮に必要な皮脂膜が再形成されるまで6時間程度かかりますので、シャンプーは正しい手順で夜に1回だけにしておいてくださいね。

 

参考:頭が臭い!そんな頭皮の臭いをシャンプーの香りに変える正しい頭の洗い方

 

頭皮の脂を抑えて匂いを消す!方法②:食事を整える

フライドポテトや唐揚げ、お肉など油脂の多い食べ物は頭皮から分泌される皮脂の分量を増やします。

油脂の多い食べ物は、体内で中性脂肪に変わるのですが、体内に脂が蓄積されてしまうと、私たちの身体はこの脂を外に出すように働くため、頭皮から分泌される皮脂の量も多くなってしまう、ということ。

 

脂っぽい食事を控え、和食を中心とした食事に変えると頭皮の脂の分泌は抑制されますよ。

ついつい揚げ物やお肉を好んでしまう人は、意識して野菜やお魚も食べるようにしてくださいね。

 

また、頭皮の脂を抑える栄養素としておすすめなのは、ビタミンB2やビタミンB6。

ビタミンB2ビタミンB6は脂肪の代謝・排泄を高めるため、積極的に摂取することで脂質代謝を促進し、皮脂分泌のバランスを整えるため、皮脂の過剰分泌を抑制してくれます。

 

ビタミンB2はレバーやウナギに多く含まれ、ビタミンB6はニンニクやマグロ、鮭に多く含まれていますよ。

通常の食事で摂取してもいいですし、サプリメントを活用するのも手軽でおすすめです。

 

頭皮の脂を抑えて匂いを消す!方法③:ストレスケア

過剰なストレスは自律神経に影響を及ぼし、交感神経が優位の状態になってしまいます。

交感神経が優位になると、身体が緊張状態を維持してしまうことから、血行不良や代謝不良を引き起こし、頭皮環境が悪化してしまうのです。

 

また、通常エストロゲンという女性ホルモンが皮脂の分泌を抑えてくれていますが、ストレスによりホルモンバランスが乱れると男性ホルモン優位になり、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

ストレスは活性酸素という様々なものを酸化させてしまう作用を持つ化合物を生み出してしまうため、性酸素過剰に分泌された皮脂を酸化させ、どんどん頭皮が臭くなるという悪循環を引き起こしてしまうのですよ。

 

ストレスは自覚症状がないのに気づいたら貯まってしまっているケースもあるので注意が必要です。

運動や読書、友達とのおしゃべり等、本人が楽しいと思うことをする時間を意識的に作り、ストレスを解消することは大事ですよ。趣味がない!という方は、ゆっくり湯船に浸かったり、頭皮マッサージをすることも自律神経を整える方法としておすすめです。

 

参考:頭の臭いとストレスの関係ー自律神経の乱れで頭皮が臭い!?

 

頭皮の脂を抑えて匂いを消す!方法④:睡眠の改善

私たちが寝てる間に分泌される成長ホルモンは、私たちの身体を修復してくれます。

私たちの頭皮は、紫外線や乾燥等の外的な刺激からダメージを受けており、頭皮が傷ついたままだと雑菌が湧きやすく、皮脂の分泌も増加してしまうため頭皮の臭いが出やすい状態に。

 

そのため、夜ぐっすり寝て成長ホルモンの分泌を促し、頭皮の修復を促すことで頭皮環境が改善され、皮脂の分泌や頭皮の匂いは改善されるのですよ。

また、睡眠自体にストレスを解消してくれる効果があり、自律神経のバランスを整えてくれるため、やりたいことはたくさんあるかもしれないですが、睡眠はなるべく削らないようにしてくださいね。

 

参考:寝不足で頭皮が臭い!睡眠不足が原因で頭皮が臭くなる理由と対策

まとめ

いかがでしたでしょうか。頭から分泌される皮脂は、量が多いとべたつきや臭いの原因になるため早く治してしまいましょう。

本日ご紹介した方法はどれも簡単ですので、取り入れられるものから始めてみてくださいね。

シャンプーを変えようと思っている方は、こちらの記事もぜひ覗いてみてくださいね。

参考:頭皮の臭いにはアミノ酸シャンプーが効果的!頭皮に優しいシャンプーランキング

よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です